そもそもLEDとはどんな照明?

LED照明が従来の照明と大きく異なる点は、「発光ダイオード」という半導体が使われていることです。発光ダイオードはその名前のとおり、電気にふれると光を発するという性質をもっています。そのため、LED照明は従来の照明よりもより効率よく電気を光に変えられるのです。このように、LED照明は従来のものとは仕組みから異なる、新しいタイプの照明として普及してきています。

LED照明のメリット・デメリット

LED照明の大きなメリットは、従来の照明に比べて寿命が長いことです。商品によって差はありますが、なかには従来の照明より20倍も寿命が長いとうたわれているものもあります。寿命が長いと電球を交換する頻度が低くなるため、交換の手間が省けるのが助かりますね。また、LED照明は消費電力が少ないため、電気代の節約効果が期待できるという点も大きな魅力です。

いっぽう、LED照明にはデメリットといえる点もあることを知っておきましょう。それは、従来の照明に比べて価格が高いということです。LED照明の普及にともなって安い商品もよく見られるようになりましたが、一般的には従来の照明より購入価格は高い傾向にあります。

しかし、従来の照明では交換頻度が高いため、そのぶん新しい照明を購入する機会も多かったです。いっぽうでLED照明は寿命の長さから、いちど購入・設置すれば長期間交換の必要性はないため、多少価格が高くても、長い目でみれば経済的と言えるでしょう。このように、LED照明には価格の高さというデメリットをカバーできるだけのメリットが存在します。

照明が切れてしまったり、お部屋をリフォームしたりする予定のある方は、ぜひLED照明に交換してみてはいかがでしょうか。

LEDライトパネルは看板等に使用する事が出来て人気があります。綺麗な光でパネルを照らし宣伝効果に期待ができるからです。